競売でマンション(自宅)が欲しい。田中さんの場合<いよいよ開札へ> 埼玉県春日部市、国道16号線沿い 株式会社だるま不動産TEL.048-662-9440
トップページ実例集競売マンション(自宅) − いよいよ開札へ

競売でマンション(自宅)が欲しい。田中さんの場合<いよいよ開札へ>

登場人物
マンション購入をご希望するご夫婦  田中 豊さん(夫)、田中 弘子さん(妻)
競売物件所有者 ケンジ

いよいよ開札へ

 入札してから一週間経ち開札日。私と田中さんは地裁の不動産売却場へと足を運びました。
 午前10時、いよいよ開札。入札書の入った箱が開けられ、入札書が一枚ずつ封筒からだされます。入札書は物件毎にバインダーに挟まれて、執行官の手元に渡されます。

 執行官は渡された入札書をチェックしていく。こうした作業に30分位要した後、開札結果の読み上げに移ります。次々と開札結果が読まれ、いよいよ田中さんが入札した物件の番、「事件番号」つづいて「最低売却価格」が読み上げられます。

 ・・・結果発表です。「入札人○○建設株式会社、入札価格1380万円」から始まり、三番目に「入札人 田中 豊、入札価格1470万2千円。以上の結果田中豊を入札価格1470万2千円で最高価買受申出人と決定します」と告げられました。

 思わず田中さんと握手。落札決定です。
 田中さんと今後のスケジュールの打ち合わせで、占有者との接触は当初の予定どうり一週間後の売却許可決定が確定してからで、田中さんには融資銀行に落札できたことを報告してもらうことになりました。
 さぁ、本番です。

>>明け渡し交渉につづく

相続はプロにお任せ!
相続はまず不動産屋に相談!
空き家はプロにお任せ!
空き家はプロにお任せ!
競売でマイホーム
競売でマイホームを見つけるメリット!
物件情報
■物件情報はこちら
任意売却
競売をお考えの方は必ずお読み下さい。実際の競売実例紹介です
2020年6月1日(月)