競売でマンション(自宅)が欲しい。田中さんの場合<明け渡し交渉> 埼玉県春日部市、国道16号線沿い 株式会社だるま不動産TEL.048-662-9440
トップページ実例集競売マンション(自宅) − 明け渡し交渉

競売でマンション(自宅)が欲しい。田中さんの場合<明け渡し交渉>

登場人物
マンション購入をご希望するご夫婦  田中 豊さん(夫)、田中 弘子さん(妻)
競売物件所有者 ケンジ

明け渡し交渉

 売却許可決定後一週間は執行抗告期間です。執行抗告が無いことを祈りつつ、期間の経過を待ちます。
 一週間を経過し、無事執行抗告もなかったことから、いよいよ明け渡しの交渉に。裁判所に売却決定謄本を申請し、これをもって占有者との交渉に臨みます。

 占有者と接触するため、現地へ赴きノックをしますがまだ帰っていない様子です。
 しばらく待ちましたが帰る気配もないので、あらかじめ用意しておいた手紙をドアに挟みました。

 手紙には、以前お伺いした者であること、今回の入札で当方が落札したこと、及び今後の話し合いをしたいので連絡をくれるようにとの旨を書いてあります。
 もちろん、これらの仕事は「代理人」である私の仕事です。
 翌日、占有者であるケンジ氏から当方に連絡があった。ケンジ氏は出て行かなければいけないことは分っているが、当方の条件次第であると匂わせます。
 それとなく希望条件を聞いてみると、自分の引っ越し費用や新居の資金、さらに他に借金もあるので100万円ぐらいは欲しいと。

 占有者の話を聞いてあげること、聞き出すことは代理人の腕の見せ所なのです。
 一応の言い分を聞いた後、後日連絡をすることに。

>>明渡し戦略につづく

相続はプロにお任せ!
相続はまず不動産屋に相談!
空き家はプロにお任せ!
空き家はプロにお任せ!
競売でマイホーム
競売でマイホームを見つけるメリット!
物件情報
■物件情報はこちら
任意売却
競売をお考えの方は必ずお読み下さい。実際の競売実例紹介です
2020年2月18日(火)