競売で工場をゲット! 工場を入札<明け渡し交渉(1)> 埼玉県春日部市、国道16号線沿い 株式会社だるま不動産TEL.048-662-9440
トップページ実例集工場入札 − 明け渡し交渉(1)

競売で工場をゲット! 工場を入札<明け渡し交渉(1)>

登場人物
入札者  柳田泰造さん
建物賃借人 片山機械工業(株)担当者片山伸治氏
建物賃借人代理弁護士 岡田貴史氏

明け渡し交渉(1)

 約束の日となり(仮に5月7日とします。)念のため30分程度の余裕を見て先方の事務所へ向かいました(こういう時は、万が一にも遅れてはいけません。最初に遅刻のお詫びから始まるようでは交渉の主導権を相手に渡してしまうことになります)。

 岡田弁護士と面会した私は柳田氏の意向として、早期の明け渡しを求め、もし話し合いで明け渡しに応じるのであれば、常識の範囲内である程度の便宜をはかる旨を伝えました。

 先方もここまではすでに想定していたようで下記二案の要望が出されました。

  • 第一案:できれば新たに賃貸借契約を交わし、賃料を支払う形でそのまま使用したい。
  • 第二案:退去しなければならないのであれば機械類の撤去費用もかかるし、移転先も探さなければならないので6ヶ月程度明け渡しを待って欲しいこと、立退き料として150万円を提供して欲しい。
 まず第一案については、当方の入札動機が工場が手狭になったので第二工場として使用するためである以上論外である旨を伝え第二案をベースに交渉を行うこととしました。

 ただし、第二案についても6ヶ月間も無料で使用(所有権の移転まで一ヵ月半程度かかるので正確には四ヶ月半程度ですが、こちらから言う事でもないので)し、さらに150万円の立退き料を寄こせでは柳田氏は納得しないし、私としても交渉を打ち切り(強制執行)での手続きを勧めざるを得ないとし、当方より以下の条件を提示しました。

  1. 今月中に条件面で双方が合意することが前提(必ず期日を定めて交渉をすすめないとずるずると引き延ばされてしまいます)。
  2. 最終的な移転期日を11月15日とするが、ここまで無料で使用させる以上立退き料は提供しない。ただし、3ヵ月後の8月31日までに移転先を見付けて明け渡すのであれば100万円を補償金の意味合いで提供する
 柳田氏としては年明けから新工場の稼動を希望しており、内装工事を考えると11月中には立ち退きを完了させたいところです。それに一見長いようですが、所有権移転に一ヵ月半程度必要でそれから(明渡命令)を取得し、(強制執行)の申し立てとなると最低3ヶ月はかかるので、6ヶ月(事実上4ヶ月半)なら妥当なところでしょう。
 弁護士側としてもとりあえず探りを入れるつもりだったか、納得し再度片山氏と協議しますとのことでしたので一週間後の5月14日に再交渉を行うこととしました。

>>明け渡し交渉(2)につづく

相続はプロにお任せ!
相続はまず不動産屋に相談!
空き家はプロにお任せ!
空き家はプロにお任せ!
競売でマイホーム
競売でマイホームを見つけるメリット!
物件情報
■物件情報はこちら
任意売却
競売をお考えの方は必ずお読み下さい。実際の競売実例紹介です
2020年6月1日(月)