掘り出し物件をみつけて庭付き一戸建てに住みたい<入札へ> 埼玉県春日部市、国道16号線沿い 株式会社だるま不動産TEL.048-662-9440
トップページ実例集競売戸建て(自宅) − 入札へ

掘り出し物件をみつけて庭付き一戸建てに住みたい<入札へ>

登場人物
購入者  遠藤哲也さん
件外建物の所有者 佐藤タミコ
競売物件所有者 佐藤一郎氏
以前からの当社お客様 桑田氏

入札へ

 件外物件の問題が解決し、ようやく付帯費用が確定し、銀行からの融資額を決めることができました。そこで、遠藤氏があらかじめ相談していた銀行に資金の融資を依頼することとなり、三点セット(物件明細書・現況調査報告書・評価書を持参しました。事前相談の段階では件外物件の問題がクリアできないと融資は難しいということだったそうですが、佐藤氏との合意書を持参したところ早速、前向きに検討してくれることになりました。

 さて、次に問題になるのは入札価格。本物件は件外物件付きという特性からそれほど競合するとは思えないし、まして、一般の方が簡単に手が出せるとも思えません。

 但し、佐藤氏の話から数件の事前交渉があったことが判明している。(全てを鵜呑みにしたわけではありませんが)最低売却価格近くなら1〜2件程度入札してくると思った方が良さそうです。まして件外物件の所有者は債務者の母親。

 そこで、念のため最低売却価格に10%強程度の上乗せを行い入札することとしました。通常業者は期間入札後の特別売却に物件が残っていた場合に件外物件の交渉に入るケースがほとんどで、わざわざ期間入札で無理はしません。すでに買い手が居る場合には別ですが。
 具体的には最低売却価格1527万円に対し、入札額1700万3千円としました。端数の三千円は入札において同額で負けることを防止するためのものです。三千円としたのは、単に遠藤氏が巨人の長嶋ファンであることから3を希望されたためで、端数について特に取り決めがあるわけではありません。末広がりで8並びにする人もいれば、スリーセブンにする人もいます。

 そして、打ち合わせの結果遠藤氏も同意され入札しました。

 結果は入札が二本で、見事遠藤氏が最高価買受申出人となりました。
 次順位が1551万円だったことを考えると少し念を入れすぎたようですが、まずまずの結果でしょう。

>>明け渡しへ向けて<につづく

相続はプロにお任せ!
相続はまず不動産屋に相談!
空き家はプロにお任せ!
空き家はプロにお任せ!
競売でマイホーム
競売でマイホームを見つけるメリット!
物件情報
■物件情報はこちら
任意売却
競売をお考えの方は必ずお読み下さい。実際の競売実例紹介です
2020年5月27日(水)