掘り出し物件をみつけて庭付き一戸建てに住みたい<現地調査の報告> 埼玉県春日部市、国道16号線沿い 株式会社だるま不動産TEL.048-662-9440
トップページ実例集競売戸建て(自宅) − 現地調査の報告

掘り出し物件をみつけて庭付き一戸建てに住みたい<現地調査の報告>

登場人物
購入者  遠藤哲也さん
件外建物の所有者 佐藤タミコ
競売物件所有者 佐藤一郎氏
以前からの当社お客様 桑田氏

現地調査の報告

 次にこれまでの調査結果をご報告し、問題点を整理した上で、今後の方針を決めなければなりません。
 そこで遠藤氏と面談し、これまでの調査内容について報告するとともに、入札にあたっての問題点と私なりの今後の方針についてご提示させていただきました。

 まず問題点は下記のとうりです。
  1. 件外物件の特性上、たとえ当該物件を落札できたとしても、件外物件が購入 できなかったり、第三者に売却されてしまったら目的を達することが出来ない上、 法定地上権が成立してしまう。
  2. 一見安全に思えるのが先に件外物件単独で売買契約を成立させ、入札する方法だが、この場合本体である競売物件を落札できなかった場合に、建物だけ持っていてもどうにもならない。
  3. 上記の問題をクリアするためには入札する前に、件外物件の購入交渉をまとめておいて、落札後購入契約を行う方法があるが、取引の安全性が確保出来ない。(気が変わったと言われればそれまで)
 上記をふまえ、入札にあたっての私の方針は次のとうりです。

件外物件の所有者と債務者が親子関係であることを利用し、落札後は地上権という考えを引用し、件外物件の所有権放棄及び明け渡し料の名目(売買契約では無い)で合意書を作成し、入札に臨む

 というものです。但し、この場合あくまで落札し、土地所有者になることを前提としているため、この件で方法を知ってしまう以上、他の買い手とも合意書を作成する可能性があり、入札においての絶対優位が確保できません。

 遠藤氏には、これまでの内容をふまえた上で、佐藤氏との交渉を始めるのか、また購入予算はどのくらいを目安にするのかを決めてくださるようお願いしたところ、少し時間が欲しいとのことだったため、三日後に再び打ち合わせを行うこととしました。

>>入札予算の検討につづく

相続はプロにお任せ!
相続はまず不動産屋に相談!
空き家はプロにお任せ!
空き家はプロにお任せ!
競売でマイホーム
競売でマイホームを見つけるメリット!
物件情報
■物件情報はこちら
任意売却
競売をお考えの方は必ずお読み下さい。実際の競売実例紹介です
2020年12月5日(土)